プラセンタの効果を最大限に引き出し本来の自分を取り戻すための方法

 

 

また、プラセンタの種類については、狂牛病の関係から、厚生労働省より「牛や羊などの反芻動物の胎盤をプラセンタの原料に使用してはいけない」との通達が出されて以来、現在健康食品として流通しているプラセンタは、豚由来、馬由来の2種類です。

 

豚由来のプラセンタは、化粧品、健康食品として広く使われ流通量が一番多いプラセンタです。
最近では、SPF豚など、徹底した管理のもと飼育された豚のプラセンタも流通しています。

 

馬由来のプラセンタは、最近注目されているプラセンタです。
馬の体温は牛や豚より高く寄生虫などが住み着く心配がなく、馬肉が生食できることからもわかるように非常に安全といわれています。
また、豚に比べてアミノ酸含有量が多いといわれています。

 

プラセンタが気になっているけど、どうしていいかわからないっと悩まれている方もいるのではないでしょうか。

 

化粧品やサプリなど身近なものをおすすめします。

page top